• 家造りのこだわり
  • アーニスト日記
  • オーナーズクラブ
  • 北海道移住計画

はまやらわ編

住宅いろいろQ&A

はひふへほ

『は』

  • ■柱(はしら)
     床、屋根などの上部加重を土台に伝える材料です。
     柱の種類は、構造によって様々です。
  • ■バルコニー(ばるこにー)
     室外に張り出した屋根のない手すり付の台の部分。
  • ■パントリー(ぱんとりー)
     食料品や食器を収納する食品庫のこと。

『ひ』

  • ■ヒートショック(ひーとしょっく)
     急激な温度変化が体に与える影響をヒートショックという。
     温度変化は、血圧の急上昇・急降下を招き、脳卒中や心臓発作のリスクが高まる。

『ふ』

  • ■輻射(ふくしゃ)
     熱が高いものから低いものへと電磁波が飛ぶ際に、熱が移動する現象のこと。
     輻射が起きると熱が失われるため、アルミ箔などを貼って輻射を防止する。
  • ■吹き抜け(ふきぬけ)
     建物の一部、上階の床をなくして空間を開放的に見せるスペースのこと。
  • ■踏み面(ふみづら)
     階段の足が乗る平らな部分。
  • ■プロフェッショナル(ぷろふぇっしょなる)
     プロフェッショナルとしての倫理。言い換えると「真摯さ」。
     プロであるがゆえに、顧客が知らない事を良い事に、言い逃れやごまかしをした、
     経験は誰にでもあるはず。
     もし顧客のデメリットになる事にすら、知らないふりをした事を、真摯さに欠けた行為。

『へ』

  • ■平面図(へいめんず)
     屋根の外壁から外側に出ている部分。
  • ■ベランダ(べらんだ)
     外に張り出した緑の部分。屋根のあるもの。近いもので → バルコニー

『ほ』

  • ■ボウウィドウ(ぼううぃんどう)
     弓形に張り出した出窓のこと。
  • ■ほたるスイッチ(ほたるすいっち)
     暗いところでもスイッチの位置がわかるように、スイッチの部分が光っているもの。

まみむめも

『ま』

  • ■マーケティング(まーけてぃんぐ)
     顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、自ずから売れるようにすること。

『み』

  • ■水勾配(みずこうばい)
     屋根、土間、床などで水が自然に流れるように設置する必要最小限の傾き。

『も』

  • ■木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)
     在来軸組み工法とも呼ばれ、土台・柱・梁などで組立らる工法。
     日本に古くから伝えられてきた工法。
  • ■モルタル(もるたる)
     砂とセメントを混ぜたもの。
     防火性能があるので一般によく用いられている。

やゆよ

『ゆ』

  • ■床面積(ゆかめんせき)
     各階ごとの面積のこと。延床面積 → 各階の面積の合計。

『よ』

  • ■容積率(ようせきりつ)
     敷地面積に対する延床面積の割合。延床面積/敷地面積×100=容積率%
  • ■用途地域(ようとちいき)
     都市を利用目的に応じて地域区分し、それぞれの地域において
     その用途にふさわしい建物・目的に合わない建物を制限する。

らりるれろ

『ら』

  • ■ランドリーパイプ(らんどりーぱいぷ)
     浴室内に設けられた洗濯物を干すためのパイプのこと。

『り』

  • ■立面図(りつめんず)
     東・西・南・北の4方向から見た建物の外観図。
  • ■リフォーム(りふぉーむ)
     住宅の増改築、模様替え、修繕のこと。
  • ■琉球畳(りゅうきゅうだたみ)
     材料にいぐさを使用した正方形の畳。
  • ■リノベーション(りのべーしょん)
     既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を
     向上させたり価値を高めたりすること。

『る』

  • ■ルーバー(るーばー)
     開口部に一定の間隔、角度で取り付ける羽根板。日よけや通風、目隠しに役立つ。

『ろ』

  • ■ロフト(ろふと)
     天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペース。
     寝室、収納スペースなど多目的に利用できる。

『わ』

  • ■枠組壁工法(わくぐみかべこうほう)
     構造用製材で作った枠組に、構造用合板を貼り付けたパネルで床、壁面を構成ている構造。
     高い強度と気密性を持ち、耐震性に優れている。

住宅ローン・税金編

建築用語集はこちらから!

あかさたな編


line ページトップへ戻る
©2011 ㈱アーニストホーム All Rights Reserved.